会社沿革

Corporate history

会社沿革

1984年7月

宮崎県児湯郡に吉川セミコンダクタ株式会社として会社設立登記(資本金8,000万円)

1985年3月

第Ⅰ期棟(A棟)竣工

1985年4月

操業開始

1986年1月

沖電気社外認定工場に指定

1987年2月

IBM社工場認定取得、工場棟(B棟)竣工

1987年9月

工場棟(C棟)竣工

1987年10月

SIMM生産開始

1988年4月

第Ⅱ期棟(D棟)竣工

1988年7月

資本金1億円に増資

1989年4月

セミコンスポーツプラザオープン

1991年7月

テストプログラム設計業務開始

マイコン用エミュレータ設計製作開始

1993年8月

インテル社の工場認定取得

1994年4月

ISO 9002:1994 認証取得

1995年7月

ウエハーテスト工程開始

1996年9月

吉川セミコンダクタ内に営業部設置

1997年3月

YEBプロジェクト開始

1997年8月

吉川エレクトロニクスビンタン設立(インドネシア)

1998年12月

ISO 14001:1996 認証取得

1999年3月

吉川アールエフシステム株式会社設立(社長 江目 昭)資本金3,000万円

新日本製鐵株式会社よりRFID業務を移管

1999年4月

吉川エレクトロニクスエンジニアリング(株)設立

2000年2月

QS-9000:1998 認証取得

2000年11月

RFID 125kHz帯製品の出荷開始

RFID 13.56MHz帯製品の出荷開始

小型、廉価版 RFIDリーダライタモジュールの出荷開始

2003年3月

代表取締役社長 吉川 修平 就任

2003年9月

ISO9001:2000 認証取得

2004年3月

新社長に佐藤勇一就任

2004年9月

工場棟(F棟:300mmテストライン)竣工

2004年10月

RFID IC出荷総数5,000万個突破

2005年3月

資本金6,000万円に増資

2005年12月

RFID IC年間出荷数量3,600万個突破

2006年1月

ISO 14001:2004 認証取得

2006年9月

RFID 13.56MHz帯IC RXTP-4を開発

2006年11月

ISO/TS 16949:2002 認証取得

2006年12月

RFID IC年間出荷数量5,000万個突破

2007年1月

北九州学術研究都市内RFソリューションセンター設立に参画

2007年3月

次世代RFID 125kHz帯IC RX-3Sを開発

2007年4月

次世代RFID リーダライタ用IC RF-ASICを開発

2007年7月

RFID リーダライタ用IC RF-ASICを出荷開始

2007年9月

次世代RFID 標準リーダライタ4機種をリリース

2008年4月

東京本社を西新宿に移転

2008年5月

情報セキュリティ環境構築(民事最高レベル)

2009年1月

半導体装置(ハンドラ)内製化

2009年3月

OHSAS 18001:2007 認証取得

LED関連モジュール生産開始

2009年4月

EV関連モジュール開発完了

2009年8月

WLPターンキーサービス開始

2009年11月

ISO9001:2008、ISO/TS16949:2009 認定取得

2010年4月

LED関連モジュール生産2拠点化(宮崎、インドネシア)

2010年9月

直管照明LEDモジュール(140mm)生産開始

2011年2月

LED電源モジュール吉川ブランドの商品化及び販売開始

2011年4月

プローブカード自主メンテナンス開始

直管照明LEDモジュール(280mm)生産開始

2012年5月

台湾Young Tek Electronics Corp.社とのビジネス協業締結

2012年9月

NFC-TP リーダライタモジュール開発

2012年10月

吉川アールエフシステム株式会社の吸収合併に伴い

株式会社 吉川アールエフセミコンに社名変更

2014年4月

FAB管理システム(EDICS)本格運用開始

2014年12月

電熱モジュール 一貫組立品初出荷

2016年2月

テスト開発業務強化の為、「テスト開発部」を設置

2017年12月

ISO14001 2015年度版取得

2018年1月

ISO9001 2015年度版取得 IATF16949 2016年度版取得

2018年3月

代表取締役社長 荒木 隆 就任

※吉川アールエフシステム関連は色を変えて記載しています