第21 自動認識総合展(東京ビッグサイト)に出展

2019年9月11日~9月13日の日程で東京ビッグサイトにて、「第21回自動認識総合展」が開催されました。本展示会は、バーコード、二次元コード、RFID、生体認証、画像認識などの自動認識技術を製造、物流、セキュリティ、医療や災害支援などの分野において、現場が抱える様々な課題に対し活用が期待される最適な自動認識のソリューションを網羅しております。 本年も吉川工業(株)グループとして出展し、第1回自動認識展から21年連続での出展となりました。

3日間の自動認識総合展への総来場者数は約18,000人と発表があり、また弊社ブースへも約500名がご来場いただき盛況な展示会となりました。

展示内容

吉川工業

  • UHFリーダー(中出力/高出力)
  • 作業者接近検知システム

吉川工業アールエフセミコン

  • ラップタイムカウンタ用リーダライタ、特殊アンテナ
  • アレルギー誤配膳防止システム
  • 標準品のご紹介

吉川システック

  • RFIDを利用した資産・物品管理/在庫管理

Silicon Craft / Washow

  • RFIDを使用してNFCアプリケーションで家電操作(iPhone&android)
  • バッテリー不要のNFC水質メーター
  • NFC製品認証パッケージ

展示風景

風景1
風景2
風景3

本年度は【吉川グループのRFID技術が「新」に羽ばたく】をキャッチコピーとし、製品や活用例を含めた吉川グループが誇る最新のRFID技術を紹介しました。

吉川工業アールエフセミコンはKYOSHO殿向けで開発したラップタイムカウンタ用リーダライタ・アンテナと誤配膳防止システムをRFIDの活用例として、RFIDのエンターテインメント、医療分野への活用の身近さをアピールしました。

また昨年に引き続き、吉川工業グループとタイのRFIDベンチャー企業であるSilicon Craftと製品とタイアップし、新分野へのRFID提案を実施することにより、今後、各分野へRFIDの新規提案ができる土台が出来たと考えております。

吉川工業アールエフセミコン - 展示内容の詳細について

KYOSHO殿向けラップタイムカウンタ用リーダライタ

KYOSHO殿のRCレースで使用されているリーダライタとアンテナをミニ四駆で実演しました。Tagを貼り付けるミニ四駆が特殊アンテナを通過する瞬間、正確にコース一周の時間をカウンタする様子にたくさんの注目が集まりました。さらに時間のカウンタ方法及び車両転覆防止対策に多くの称賛をいただき、エンターテイメントの領域おいてRFID技術の可能性を広げました。

KYOSHO

アレルギー誤配膳防止システムのご提案

YRSCが得意とする13.56MHz技術で安心・安全な配膳をご提案しました。YST殿のソフト開発及びYRSCのリーダライタとタグ設計・開発により、吉川グループ連携をアピールしました。病院や学校での配膳に新たな発想を与え、RFIDを用いて「正確&簡単」を同時に得られることをご提案しました。

アレルギー