第5回 IoTM2M展【秋】(Japan IT Week 秋)に出展

2019年10月23日~10月25日の日程で千葉県幕張メッセにて、「第5回 IoTM2M展【秋】(Japan IT Week 秋)」が開催されました。 本展示会は、IoT/M2Mシステムを構築するために必要な無線通信技術、センサーをはじめ、遠隔監視、生産管理などのアプリケーション、AIを活用したデータ分析など様々なソリューションが一堂に集結します。 今年、吉川工業グループのRFID事業が20周年を迎え、吉川工業(株)と合同出展させて頂きました。吉川工業アールエフセミコンが得意の125KHzと13.56MHzの製品を展示しました。本展示会の来場者数は、48,217名と発表があり、当社ブースにもたくさんのお客様にご来展いただきました。
img2

展示内容

吉川工業

リーダー

  • UHFリーダー(中出力/高出力)
  • 車載対応リーダー
  • アクティブリーダー/検知器

タグ

  • 金属製品対応タグ
  • アクティブタグ

ソリューション

  • 入退門/室管理システム
  • 在庫管理システム
  • 作業者接近検知システム

吉川工業アールエフセミコン

リーダー

  • 汎用リーダーモジュール

タグ

  • 汎用タグ(125KHz、13.56MHz)
  • アミューズメン向けタグ
  • アクティブタグ

ソリューション

  • 移動情報の管理システム
  • アレルギー誤配膳防止システム

本年度の自動認識総合展2019に引き続き、IoTM2M【秋】に出展し、製品とソリューションを含めたYRSCが誇る最新のRFID技術を紹介しました。 多くのお客様より、今回展示したソリューションにご関心を寄せられて各分野や現場で抱えている問題を直接に会話できました。貴重なご要望とご意見を頂き、今後の自社ソリューションに繋がっていきます。

アレルギー誤配膳防止システムのご提案

YRSCが得意とする13.56MHz技術で安心・安全な配膳をご提案しました。 YST殿のソフト開発及びYRSCのリーダライタとタグ設計・開発により、吉川グループ連携をアピールしました。病院や学校での配膳に新たな発想を与え、RFIDを用いて「正確&簡単」を同時に得られることをご提案しました。

img1

※クリックすると拡大表示します

移動情報の管理システム

自社HPの製品紹介に掲載している「ME-TAG ME機器管理システム」を応用したデモセットを構築しました。今回は、YRSCが得意とするNFC技術、125KHz、315MHz技術と組み合わせ移動情報管理システムとしてデモを行い、老人介護や在庫管理関連のお客様から多数の質問を受け、関心の高さが伺えました。

img3

※クリックすると拡大表示します